Minority Report

真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPティーガーⅢ(架空) E-75 ≫ E-79/128を考える

E-79/128を考える

パンツァーフロントbisに登場するらしい
(ゲームはプレイしたことがないです)
■永野御大デザインの架空戦車 E-79/128
超・カッコイイ大好き戦車です

E-79のネーミングは初代のE-75から数えて
5番目のモデル・チェンジなのでしょう。
その場合E-75-eとか標記されそうな気もしますが・・・。
(E-75の名前は E(Entwicklungstypen=開発タイプ)
75-80t級の戦車の意・・らしいです)

大好きなので、機械としての整合性をとりつつ
1/48で2度目の挑戦・・・で再設計。
最も大きな問題の
「そもそも この砲塔、128mm砲が積めるサイズじゃない」
・・・思うに永野絵に問題があるというより、ゲームの3D・CGの設計に
引っ張られすぎているように思うのですが・・・どうなんでしょう。

□ゲームCGはパンターの小型砲塔のようなバランスに見えますが、
斜め後方からの御大のカラーイラストでは、かなり砲塔部が大きく見えます。
こ・これなら・・・なんとか128mm砲を搭を搭載できるはず?←疑問形

e79web.jpg

他、戦車=機械として 破綻がなるべくでてこないように、
ない知恵絞って色々考えましたよ。

●転輪、キャタピラはキング・タイガーのものを流用
  (転輪は2個1組のサスペションのようなので、偶数にイラスト7枚⇒8枚に)
●列車輸送幅(3290mm)を守るためサイドのフェンダー(天板?)
  とサイドスカートは輸送時は取外し式
●128mm砲搭載の為、砲塔幅とターレットリングは広く取る(リングは2400mmとした)
  リングを収納する為、サイドのフェンダー(天板?)は厚みをとる
●砲塔側面はポルシェ型の傾斜とする

・・・・と言いつつ、まだ問題があって・・128mm砲の砲架が大きすぎて、
操縦手と無線手のハッチが砲塔を90度まわさないと機能しない。
イラストでは斜めに配置されてるようですが・・・コレでも開かないと思うんだ。

●あ。もち、上記を守りつつイラストに近づける。  








スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL