Minority Report

真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPMiG2.25 Буран(ブラン) ≫ ウエーブライダー改め 低軌道域:戦闘/迎撃機:Mig-2.25 Буран(ブラン)

ウエーブライダー改め 低軌道域:戦闘/迎撃機:Mig-2.25 Буран(ブラン)

b23.jpg

b25.jpg  b24.jpg

今日は装甲キャノピと裏面の処理・・・・・・・・・終わらなかった・・・。
はやくCCCPデカール貼りたいぜぇ・・・。

今のところ機体の暫定設定は以下の感じです。

『飛ぶ理由』のMig-29の未来の後継機って感じで。
・・・つか、だいぶん設定をパクってマース!! (←臆面もなく)


■ 2072年、西側に捕捉されて以来NATOコード「フェイト」と呼称されるソビエト連邦航空宇宙軍の
低軌道(宇宙)域:戦闘/迎撃機。

ワルシャワ条約機構での正式なコードはMig-2.25、本国での愛称は「Буран(ブラン)」

 運用は、高度350kmから1400kmに展開する低軌道(宇宙)域・航空母艦より発進、
同高度での弾道ミサイルや戦闘機械の迎撃、戦闘を行うものである。


 リフティングボディ形状で、可変サイクル・エンジン2基を持つ双発機。
大気圏、最上層の熱圏を活動域とし圏内をマッハ8以上で飛行する性能を持っている。
このため非常に耐熱性に気を使った構造設計となっている。

 通常戦闘機と違いシェル構造のコクピットは重心より後ろに置かれ、キャノピは完全に耐熱/装甲化された
特異な形状をしている。
(外部視界の情報はカメラ映像によりパイロットのヘルメットのバイザー・モニタに伝達される。)

 主武装は高出力レーザー砲が3基(前方向き2基、後方向き1基)。
±30°の射角偏向が可能なレーザー砲をユニット基部から回転させることにより60°角の円錐形の射界を
カバーしている。
 通常のミサイルの速度では追いつかない 高速移動の目標撃破の為に採用されたレーザー武装であるが、
戦闘様式は、ミサイルでの戦闘以前、1950年代以来のガン・ファイター・スタイルに戻る事となった。

 ・・・つー妄想を。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL