Minority Report

真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP実験体ろ号:style2 ≫ 実験体ろ号:style2(1961) その1

実験体ろ号:style2(1961) その1

jk3.jpg  jk4.jpg  jk5.jpg

 実験体ろ号は 複雑化したその人工知能に人間の思考の矛盾を抱え、ついに
殺人を犯してしまいます。
 思考倫理をめぐり人間と反目し最終的に廃棄処分が決定されたことを知ると、
研究室を破壊し脱走、行方をくらまします。
 ・・・そして数ヶ月、ろ号は自ら「究極の知性」を名乗り生存を賭け改造強化した
姿で再び人間の前に現れました。
 ・・・とかそんな設定です。

・・・ちょっとアオシマ成分多いかなぁ・・・。

たまごひこーき(ホーネット)×2
アクロバンチ アミンガ×2
ザンザルブ(小さい方)×2


 デザイン・イメージは小学校の時に見たようなレトロスタイル・ロボットのノスタルジックな雰囲気。
 これに当時は叶わなかったリアル・パーツでデコレートして模型として着地する方式です。
 機械の持つ禍々しさなんかも出せるといいかなー・・とか念じつつ組立ました。
 時代が3廻り位したので、こういうダサイのがSO COOL!!・・とかなんないかな。
 だめすか、そうですか。

本当の事言うと、昨今のロボ・デザインはカッコ良過ぎてついて行けてないのだ・・・20世紀で止まったヨボヨボ老人なので。

その後CIAに回収されてベトナム戦争に使用される予定のstyle3:試作ロボット兵ってのもいいかもにゃーだ。

あと本日開催「天狗モデラー展示会」だったようでtwitterのUP写真で楽しみましたが「実物」を目で見たいな。
清水さんの筆運びとか絶対勉強になるよなーアレ。
個人的には記詩さんの紅いTa-152がウルトラ直球かっこよかった。
で変化球が伊藤さんのTu-2bt・・・下部の謎ロケットを誰かUPして!!




スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL