Minority Report

真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!
2015年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年03月
ARCHIVE ≫ 2015年03月
      

≪ 前月 |  2015年03月  | 翌月 ≫

飛ばない理由vol.3(7)

via102.jpg

 ユゴス歴1592年、アッバ国サダート王が隣国ルーン王国侵攻に際し使役した蟲龍騎。
このタイプは『ビヤーキー』と呼ばれ、長大な尾部までを入れると約20m近くに達する。

この騎体はおもにその大きさ故、城塞攻略の任務に使われた。
 目標上の低空を超音速で飛翔、衝撃波で地上に破壊と混乱を与え、ついで地表近くまで降下
飛行時にはマスバランスとしても使われる重く強力な前肢で城塞を破壊 制圧する。
 また、頭部の器官からは強力な生体レーザーを発射、残存兵力を駆逐する

 この生体戦闘兵器「蟲龍騎」の歴史は古く、ユゴス歴600年代にはすでに文献に登場する。
空からの攻撃に特化したこの兵器体系は、はじめ騎士の駆逐、陣地の攻略に使われていたが 
後に蟲龍騎が普及してからは対、蟲龍騎の戦闘にも使われるようになっていった。

操作は胸郭部に搭乗し、そこにある神経叢に搭乗者(騎士)の意思を割り込ませる形で操縦するのだが、
初期のモデルは受信/制御器官とした人間を封印することで魔導師が直接使役したとされる。

 形状も古くは野生の蟲龍の神経への接続改造だけであったが、次第に本体形状への改造も行われるようになり、
1900年代の終盤には人型のタイプも現れている。

 この兵器体系の特徴でもある飛翔能力は、蟲龍の持つ「ヴーン」と呼ばれる
松毬状の重力制御器官によって為される。
結晶化前の液状のケイバーライト液をこの器官で循環させ 重力に指向性を与え揚力を得るのだ。
うろこ状の部品の開きの角度と2つの器官の、位置関係で重力を制御、飛行する。

・・・なんてね、文章途中まで。
晩酌しちゃったんでもう頭が働かないや・・・。

via101.jpg


スポンサーサイト

飛ばない理由vol.3(6)

via10.jpg
だいぶん虫っぽく出来たかも。
どうじゃろか。

もう1パーツ付けるつもりだったんだけど・・・これで もういいような気もしてきました。

今回のやり残した宿題としては・・揚力発生器官・・松ぼっくりの部分に電飾を施して、
内側からLED青色で発光させたかったんですよね。
でも芯にピンバイス入れたら全部バランバランになるのな・・ビックリ。

松ぼっくりが芯を中心にうろこ状のものが螺旋で点付けされてる構造っぽいんで、
考えうる工作方法は、まず芯から瞬着をしみこませて固めてからモーターツールでLEDの収まる穴を開ける・・・
とかかなぁ・・・その場合、光はちゃんと回るんだろうか・・・?

同じコンセプトで、もっとこじんまりと1/12の甲虫型のフライング・バイクってのも良かったかもしれない・・
ってか作りたい、甲虫バイク。

不死者の系譜

今日 見たTVでやってたアレクシス・カレルの「不死の細胞」
・・・実はクトゥルー由来の本当に不老不死細胞でさ・・・
っていう虚実織り交ぜた伝奇小説が読みたです、だれか書いて。
時代的(1944年!!)に不老不死の超人を研究するナチスの機関も出てくるともっといいです。

このカレルさん、天才的な手技を持つ外科医でノーベル賞受賞者なのに
「ルルドの泉の奇跡」で開眼しちゃったり、
黒い手術着でロックフェラーの研究施設を闊歩したり野口英世と同窓だったりと
めっちゃキャラクター性が強いです。

ちなみに 「不死の細胞」現実的には当然ヘイフリック限界(1961年)ってのがあって、
ザックリ不死のモノなど存在しないってなるんだけど、現代科学でまた不老細胞が復権して
出てきちゃうあたりが面白いよな。
やっぱ人類の夢なんだろうな。

『ハイランダー/悪魔の剣士』以降不死者モノ大好き俺氏としては、
「神」シリーズの1作として、できれば山田正紀先生の硬質な文章で読みたいです。

以上、ネタ帳的に備忘録。

飛ばない理由vol.3(5)

via6.jpg
ミヤマ・クワガタのアゴをミキシング カッコイイぞ!!!

via7.jpg

via8.jpg

そして全体を黒サフ&ガンプラ用ガンメタスプレーで1色目。
写真はモノクロだけどな・・・。

まだ何色にするか決めてないんだよね・・・ハデで変な色がいいなぁ・・・。

スプレー作業中、近所のおじいちゃんに遠巻きされたぞ!!
たしかに・・平米屋さんちの旦那さん・・・、若いのにどうしちゃったのかな?春が近いからかな?
って・・なる絵面ではありましたね。

飛ばない理由vol.3(4)

細部がまだだけど 取り敢えずの全体像・・・。

昆虫のドラゴンってのがコンセプト。
あと、非人型の竹谷さんオーラバトラーっぽいのもイメージです。
カラーリングをどうしようか悩み中ですね。

んんんんnーーーーーどうしよっかなぁーーーー。

biya.jpg

変なデカール再び。

脚が攣って目がさめちゃったんで更新。

「この画像がデカールだったら ちょっと面白いかも・・」画像フォルダーのストックから。

黒色出力編

ak_angel.jpg
『AKを構える天使』
ロシアのメカに貼ってあるといいかも・・・。
(滲みが見えてるんでもう少しクリーニングしなきゃ・・・。)

mona.jpg
『R.P.G(?)を構えるモナリザ』
同じくロシアのメカに・・・なんだけど・・
そもそも これは・・R.P.Gなのか??

rideharddieyoung.jpg  842c664757df72f178ae354dfeb3cd17.jpg

『RIDE HARD&DIE YOUNG』
これは汎用性高そう。

白色出力編
arumajiro2.jpg

『タイワン・センザンコウ』
・・・目が超かわいいよね。
重装甲メカに貼るとオシャレかもよ。

lezarf.jpg

有名人
『レザーフェイス』
・・・目と笑顔が超かわいいよね。
チェーン・ソーを持ったメカに・・以下略。

・・・例によって拾った画像の加工なんで個人で楽しむ感じなんですけどもね。

飛ばない理由vol.3(3)

土日が休みだったのでだいぶん形になりました、飛ばない理由vol.3

設定をどうしようか迷ってますが、名前は『ビヤーキー(Byakhee)』
一応、生き物ということにしよう。
今回も高速飛行形態への変形は断念の方向で・・・。

tobanai3.jpg