Minority Report

真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!
2012年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年10月
ARCHIVE ≫ 2012年10月
      

≪ 前月 |  2012年10月  | 翌月 ≫

ハローウィン

ハローウィン帽子・・・

neko8.jpg

噛みまくりで、鉄郎の帽子みたいに穴だらけに。

akisora.jpg  momiji.jpg

kouyou3.jpg あと その他、時事写真。
スポンサーサイト

イシュタル (Ishtar) その1

jk31.jpg VenusWillendorf1.jpg

地母神の像をモデルにメカニカルに処理してみました。
もう少しデコレートしてから塗装する予定。

11月のジャンクプラントに出展予定なんですが・・・。
なんだかエログロっぽくなっちゃった。
・・・うーん、狙い通りではあるんだけどカッコ悪いし。
ハセガワさん的に色々と受け入れ大丈夫かなぁ・・・・。
断られたりなんかして。

無人機Ⅹ

mujin1.jpg

変な飛行機が見たくて組んでみました。
後退翼のプッシャー式プロペラの無人機Ⅹ
うーむ・・プロペラが貧弱かも。
脚を延ばしてブレードを大きく
・・・つか、やっぱしムリがあるなぁ。
後退翼&プロペラ。

前の穴2つはセンサー予定だったけど1つはインティークにして
普通にジェット化かなぁ・・・要再考だ。

モンスター(1)

ひらめいた。 
バーバパパとF-104とジョングで『モンスター』が出来ちゃうかも。
mons1.jpg  mons00.jpg
子供の時から不気味でNO.1大好きメカだったんだよね。



実験体ろ号:style2(1961) その4

r21mono

今月も投稿したったぜ。
>>ハセガワ ジャンクプラントさん

実験体ろ号:style2(1961) その3

jk7.jpg

色塗った。

実験体ろ号:style2(1961) その2

jk6.jpg

下色をいつものファントムグレーでスプレー。
カラーリング・・・実はまだ決めていない。

子猫が来た。

neko.jpg  neko2.jpg

生後1ヶ月くらいたぶん♀ 
かわいいのう。
今日から模型ブログは止めて
猫ブログにします。

実験体ろ号:style2(1961) その1

jk3.jpg  jk4.jpg  jk5.jpg

 実験体ろ号は 複雑化したその人工知能に人間の思考の矛盾を抱え、ついに
殺人を犯してしまいます。
 思考倫理をめぐり人間と反目し最終的に廃棄処分が決定されたことを知ると、
研究室を破壊し脱走、行方をくらまします。
 ・・・そして数ヶ月、ろ号は自ら「究極の知性」を名乗り生存を賭け改造強化した
姿で再び人間の前に現れました。
 ・・・とかそんな設定です。

・・・ちょっとアオシマ成分多いかなぁ・・・。

たまごひこーき(ホーネット)×2
アクロバンチ アミンガ×2
ザンザルブ(小さい方)×2


 デザイン・イメージは小学校の時に見たようなレトロスタイル・ロボットのノスタルジックな雰囲気。
 これに当時は叶わなかったリアル・パーツでデコレートして模型として着地する方式です。
 機械の持つ禍々しさなんかも出せるといいかなー・・とか念じつつ組立ました。
 時代が3廻り位したので、こういうダサイのがSO COOL!!・・とかなんないかな。
 だめすか、そうですか。

本当の事言うと、昨今のロボ・デザインはカッコ良過ぎてついて行けてないのだ・・・20世紀で止まったヨボヨボ老人なので。

その後CIAに回収されてベトナム戦争に使用される予定のstyle3:試作ロボット兵ってのもいいかもにゃーだ。

あと本日開催「天狗モデラー展示会」だったようでtwitterのUP写真で楽しみましたが「実物」を目で見たいな。
清水さんの筆運びとか絶対勉強になるよなーアレ。
個人的には記詩さんの紅いTa-152がウルトラ直球かっこよかった。
で変化球が伊藤さんのTu-2bt・・・下部の謎ロケットを誰かUPして!!




スティングレイ(Stingray)1955

オリジナルメカ:スティングレイ(Stingray)1955

1/48 P-38とたまごひこーきを使って反重力飛行マシンをつくり泰三。

TR-3Bの前身の雰囲気でアイディアをスケッチ。
かの横山宏御大がP-38とヨタハチを使って反重力戦闘機ファルケを
作った故事に習ってP-38を選択したんだけど・・・
いや、これ・・・絶対F4D(スカイレイ)を使った方が早いよな。
しかし・・それじゃあ あんまり威張れないような・・・うーん。

tr3_2.jpg  tr3_1.jpg

ちなみにTR-3B 三角形の平面形状に尾翼が内向きに付いていて
むしろ・・イタレリの迷作「F-19」に雰囲気 似てるよね。
ステルス・ブーム当時にリークされた情報はむしろコッチだったのでは??

tr-3b_photos_1-6.jpg  COULDTHISBETHEUSAFTR3B.jpg
TR-3B

以下。毎回楽しい妄想オレ設定。(ver.1)
・・・つかコレ考えないとデザインが纏まんないの。

 1942年、ドイツ軍はヨーロッパ東部戦線で墜落した異星人の飛行体を回収。
ナチスの科学者はドイツ国内に持ち帰りこれを研究、修理を行っていました。※1
この研究はハウニブ計画と言われ、終戦時点で基礎研究はすでに終わっていた
といわれています。

 1945年5月、敗戦と同時に始まったアメリカ軍のペーパークリップ作戦で 
この飛行体と科学者団はニューメキシコへ強制召喚され更に研究を進められる
事になりました。

 1947年7月アメリカ合衆国 ニューメキシコ州ロズウェル付近に2機目の
異星人飛行体が墜落、回収され、地球人の手による飛行体は完成、研究はほぼ
完了しました。

 現在まで合衆国の官民両方で秘密裏に数種の反重力飛行体が製作されたと
いわれており、最新のものは軍から民間企業ロッキード社に移籍され「TR-3B」
と呼ばれています。

※1 始めはペーネミュンデ兵器試験場で、1943年にアメリカ軍の
クロスボー作戦で爆撃を受けてからは、ライン川沿いの秘密基地に
移送して研究を続けた言われています。

実験体ろ号(完成)

r1.jpg  r4.jpg  r5.jpg

1960年8月、帝都大学 電子工学部、牧村博士の研究室。
 特殊樹脂の中で金属イオンを使った人工・脳シナプスの作成に
世界で初めて成功しました。
 博士は これを更に育成、複雑化させ「自我を持つ人工知能」を
完成させるに至りました。

・・・・とか、そんな設定です。(ver2.0)

たまごひこーき、髪留め、アニメモデル、ガチャ玉、クルミの殻、コードetcを
材料に組み立てました。

ハセガワ様WEBサイトの『ジャンクプラント』に掲載していただいています。

ありがとうございます。また投稿したいです。

ブラック オックス(V-10:Panzer Cavalier: schwarz Ochse) その3

ナチスのロボ ブラック・オックス(俺設定)。
ベースにした「アヘッド」のデザインは
胸が「甲冑」っぽいとか、モモが「乗馬ズボン」的なトコとか
ナチスドイツ風のデザインと親和性が良さそうです。
とてもカッコイイぞ。

 あとはツノ・・・もといアンテナ(ジャミング用?)と
フェイスマスクを作らなきゃ。

box6.jpg  box7.jpg

box6_face.jpg 
画像加工してみました。こんなイメージ。

フェイスは敬愛する小林誠先生のZZとか、ウオーズマンとかの雰囲気かな。
・・・ぜってー「紅い眼鏡」とか言うなよ、判ってるから。
でもモチーフが同じだからなぁ・・・
どうしたって似ちゃうんだよなぁ。



十五夜から台風の影響で、
十七夜にしてようやく月を拝めたのでした。
17moon.jpg