Minority Report

真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!
2012年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年09月
ARCHIVE ≫ 2012年09月
      

≪ 前月 |  2012年09月  | 翌月 ≫

秋空

yuyake.jpg  aozora.jpg

seni.jpg  seniorosi.jpg

yuuyake.jpg  秋空は綺麗なー。
スポンサーサイト

ブラック オックス(V-10:Panzer Cavalier: schwarz Ochse) その2

box4.jpg  box5.jpg

工作が終わってないけど塗り始めた。
ガマンできなかったんだ。

ブラック オックス(V-10:Panzer Cavalier: schwarz Ochse)

うに君からヘルメットの部品を頂ける事になったので
2年ぶりに再起動。

bo1.jpg

タミヤパテで鋳造っぽくするのだ。 
・・・なんだか時代に逆行する作り方な気がしないでもないすよねー。
脇の部品は・・・無い方がインナーフレームが鎖骨っぽくてイカスな。

恒例、製作に当たって考えたアンオフィシャルの俺設定ver.1.0↓

□敗戦の気配が濃厚となった、1945年ナチス政権下の独逸第3帝国。
 科学者フランケンシュタイン博士によって、戦局の起死回生をはかる秘密兵器、
装甲騎士ロボット『V-10 ブラックオックス』は誕生しました。

 中世の甲冑騎士とSS突撃兵を合わせたかのような姿のロボットを見た
ヒトラー総統閣下は、大変感激し、ナチス最後の報復兵器のナンバーとなった
『V-10』と、『Panzer Cavalier(装甲騎士)schwarz Ochse(黒い牡牛)』の
名称を与えたと言われています。
 しかし終戦間際までに運用試験には成功したものの、時は既に遅く大量に
生産配備し戦局を打開するには とても間に合いませんでした。

 帝都ベルリンに連合軍がなだれ込み、第3帝国の敗戦が決定的となった時、
フランケンシュタイン博士は連合軍への接収を善しとしませんでした。
V-10と資料をU-ボートに積み込み、再起を賭けた残党兵と共に祖国から逃亡を
果たしたのです。
 こうして一度ブラックオックスは歴史上から去り、連合国側は独逸第3帝国の
ロボット兵器について僅かな資料を手にしただけとなりました。※1


 □装甲騎士(シリーズ)の開発は1938年頃からと言われています。
 当初は秘匿計画名『バッカス』※2と呼ばれていたようです。
また、現在に至るまで謎とされている 頭脳部分と動力源は1938年に襲来した
異星人の3脚型戦闘機械のものが流用されたと噂されています。
(参照:“H.G. Wells' The War of the Worlds”)

※1:
1954年 非公式な報告で博士の逃走時に対峙したとされるソビエト連邦軍から
『Черный бык』という人型兵器の資料がクレムリンから流出。
1960年代にも、同じく非公式に公開されたCIA調書に『Black OX』の記述が
あったとされています。
※2:
極々少量の特殊鉱を動力源として稼動するので「大酒呑みの神 バッカス」を逆
に掛けたネーミングといわれています。

飛鳥了(サタン)

飛鳥了(サタン)塗り足し。
この造形かっこいいね。

asuka_after.jpg

before>
色数の少なさで損してると思う。
asuka_before.jpg

次はキューティ・ハニーを塗り足しちゃおうかしら。


ジャンクプラント

ハセガワさんのウエブサイトで開催の
ジャンクプラントに投稿の物件できました。

今月の投稿に間に合わせたかったので、いつもより ちょい急ぎ目で製作しました。
この製作のスピード感はちょっとハマリそうですね、すごく楽しい。
後日、撮影して投稿しよっと。

robby.jpg

鉄人デカール

あと、久しぶりにMD5500で白デカール作りました。
でもデカールを貼るのが絶望的に下手なのです。
ちょっと文字削れちゃったしぃ・・・。

クトゥルー(2)

c3_ web c4_web.jpg

体型はこんな感じに。

c5.jpg c6.jpg

HGファルシアを芯材に形出し。
なんだかヤル気をそぐピンク色だな。

クトゥルー

c1websize.jpg

以前から立体化したかった「クトゥルー」ですが
大体イメージが固まりましたので、また手を付けてみようかなと思いましてん。

・・・前回作りかけたときは、何か もうひとつファクターが足りない気がして 放棄したのでした。
今回は大司祭であることもキーワードに入れてデザインしてみます。
んで、写楽保介の赤いコンドルを手に持たせてみようかと。

Cthulhu_sketch_by_Lovecraft.jpg

御大自身によるイラストなんてのもあるんですね。
こりゃすごい。
Wikipediaから:ラヴクラフトによる素描、1934年

汚れた英雄コン(周回遅れ)

x4.jpg x5.jpg

HMEの時に汚れた英雄コンのキットをまさぼんさんから頂きました。
ありがとうございます。さっそく作らせていただきました。

今回、撮影の背景は畳をチョイスしてみました。
夏の終わりのハーモニーですね。

x0.jpg x1.jpg
頭を逆さにしてランナーと王蟲の脚を付けて、ちょっとエポパテ。
x2.jpg
色を塗って完成です。
体の方はどうしよう・・・。
x3.jpg
ルアー用の目玉を使っているので薄暗い所でキラっと光ります。
怖ぇー。

胡桃

胡桃の殻に血管描いてクリアかけたら・・予想以上に気色悪く・・・。

nou.jpg

これを使って・・・。

94式操作服

48_1.jpg  48_2.jpg
ヒートペンで製作1/48 94式操作服(コントローラー・スーツ)。
スーツ自体が94式重超歩兵のコントローラーになっている設定です。
操縦機器を着る事で、コクピットのスペースを最小化できると思うのです。
(シート部分は操縦桿等を廃してスーツとの接続器のみが存在する単純構造)
モニター内蔵のヘルメットはどういう形にしようか・・悩み中。

・・・しかしICMのフィギュアって神憑りだねぇ・・・。(杖のオジサン)

48_3.jpg 
上の右写真に写っている ちょっと萌え女性フィギュアは、「北」の形に
半田付けした金属線を芯にエポキシパテで製作。

48_4.jpg
過去作の78式操作服