Minority Report

真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!
2010年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年10月
ARCHIVE ≫ 2010年10月
      

≪ 前月 |  2010年10月  | 翌月 ≫

UFOはナチスが作っていた(2)

「門の向こう側」の技術で製造された反重力機関で飛行します。


v7 5

v7 4

塗装は未塗装のMe262のようなジュラルミン・シルバーに目止め材
マーキングはドイツ国籍マークだけー
と、いたってシンプルな感じにしようと思ったんだが・・。
ちょっとシンプルすぎるかもしれんね。

砲塔はオキサイトレッドままの大戦末期風で
全体としては、シルバーと赤ツートンでエキセントリックな感じに・・・
・・・でも全体 3色迷彩風のほうがハッタリが効いていいかも。

・・・・この機体「空軍」扱いだよね?
スポンサーサイト

ブラックオックスもナチスが作っていた。

ナチスの科学力はー 世界一ィイイと信奉 
(この際、史実の科学力は無視します。)
あくまで、疑似科学の領域でイメージを愛でまする。 

ナチスのサイボーグSS兵とかー 
ナチスの反重力飛行体とかー 
ナチスのヒ総統は1958年まで生きてたとかー
ナチスの吸血鬼兵とかー
ナチスのロボット兵団とかー
ナチスの南極基地とかー
ナチスの量子爆弾とかー
ナチスの秘密基地が月の裏側に!?とかー・・・・略

こうゆうナチスのヨタ話はまとめて大好きです

ナチス政権下の独逸の科学者フランケン博士が開発
ヒ総統閣下からV10の名称をもらう。
Panzer Cavalier: schwarz Ochse
連合国側からは『Black OX』と・・・。

box1.jpg

イメージは、甲冑とガスマスクなんじゃよ。

UFOはナチスが作っていた

ナチスの秘密兵器「V7」 
下面にパンターの砲塔が確認できる。

v7 3

v7 1 o

v8 o

 
マイ フェイバリット スケール:1/48で

鐵人貳拾八號 その0

tetufront.jpg

ティエレンとハイゴックでリスペクト小林誠な28号が作り泰蔵。

・・・鉄人28号盛ったり削ったり。

tetuback.jpg

背中はコメート風の小径のロケットノズル的なモノをつけようかと思ってだけど・・。

ユモ004Bジェットエンジン(Me262用)の径がピッタシと言うことに気づいちゃった。
ホルテンのレイアウトっぽくてカッコイイのでおしい、迷う・・・
が、エンジン前半が収まらないのと吸気口がないからやっぱしダメだな。

ならば、原作同様に外付けの「オプション」で~Me262のジェットエンジンって言う手を考えた。

jumo004b.jpg

鐵人貳拾八號

鉄人(ティエレン)を使って鉄人28号を・・・。

上半身はハイ・ゴッグを使ってミキシング
鋳物の鉄瓶みたいで良いぞ。

イメージはあるんだ・・こう・・・昭和前~中期テイストで・・・・
「旧日本軍の遺産」っていうイメージを前面に・・
ビルの街にガオーって言うカンジで。

28号の号は號だな
じゃあ「鉄」も「鐵」だ。鐵人貳拾八號 ・・・ってやたら画数多いな。
ソラで書けまってん。

(霊も旧字のほうがカッコいいなあ・・なんか呪術的 ⇒靈)

腹には九七式車載重機関銃×2 旧軍☆マークと リベットがボチボチ鋳物の重そうな感じで。
背中にはコメート風なロケット・エンジン(間違ってもガンダムの・中2バーニアじゃないぞ!)

あとアヘッドを使ってー、ナチス風なヘルメット&ジャーマングレーの機体
ブラック・オックス(schwärzen Ochsen(?))
・・・とか夢は膨らむぞ。

t2.jpg

レッド・ミラージュは現在 正直煮詰まってるぞw

他のことしたいんだよ!
色塗りたいんだよ!

スパンダウ(偽)

ガンダム・ハルートの組替で手軽にスパンダウを錬成できないものかと。
構造上似たような形状のグレード・ランチャーと脚部を腕部に置き換えて
・・・とかカンタンに考えてたんですがー
・・・手ごわい。
ガンダム00のMSってカッコいいんだけどラインに癖が強いやね。
直線基調なんで現用車輌の雰囲気も入れたいなあ。

部品検討しつつ組んだ↓

s1.jpg

くもり 散歩に行ってきた

寒いけど散歩に行ってきた

kumori.jpg

kuri.jpg

ハバネロ成りすぎ 辛すぎ
haba.jpg

最近の空の色はキレイなのさ。

秋空はキレイ。
このマゼンタ入りの紫色が・・・・なんともカトキ風(昔の)
北1条通り小樽向き 
車中よりケータイ撮影 
危ない。

yuugata.jpg