Minority Report

真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ グフ(Восток7)
CATEGORY ≫ グフ(Восток7)
      

グフ(6) 完成

MGグフVer.2.0・・ちゃんと撮影できましたので掲載します。
ワシ設定ではソビエト連邦軍(BC CCCP) 2079年の機動歩兵
『ボストーク7型』(Восток7)

0IMG_8967.jpg

0IMG_8964.jpg

0IMG_8959.jpg

0IMG_8970.jpg
スポンサーサイト

グフ(5)

グフさん艶消しクリアーをスプレーして、
クレ汚汁とオレンジのラインを入れました。
このあと調節して完成としましょう。
冬は家に日が射さないから写真撮りづらいんすよ・・・。

gouf9.jpg

gouf10.jpg

gouf11.jpg

gouf12.jpg

肩のオレンジの認識帯、ポスカで描いたんだけどコレ超・便利イイすね、ほぼ1回で発色するよ!!

次のガンプラは順番的にドム行きたいな。
イメージはSU-152で、・・・ML-20 152mm榴弾砲ってジャイアントバズーカっぽいよな。
あとこの車輛↓、手書きの数字がいいね!!

Isu152_Kubinka1.jpg

グフ(4)

僕の考えるグフは地上用ザクの最上位機種でありまして。
ザクはWW2の時のシャーマン戦車みたいに仕様の違いはありながらも
同時に複数企業の工廠で製造されているんだと思うのよね 生産第一で。

そんでもって製造ラインは大きくは2つに住み分けされていて。
ギレン/ドズルのジオン国防軍=宇宙戦用=ジオニック社
キシリア/ガルマの地球侵攻のジオン軍=地上戦用=ツイマット社
つう流れで、地上用MSが得意な企業、ツイマット社製のザク「地上戦スペシャル」
がグフなんじゃないかなーとか想像するわけです。

で、ツイマット社、地上用に自信をつけちゃって更に特化させた再設計版がドム。
(こう考えるとグフ飛行試験型の立ち位置がより明確になると思うんだ。)
ドムでやっぱりちょっと やりすぎちゃったかもなーな地上用の特性を汎用性に振り戻したのがギャンで・・。
(キシリア麾下のマ・クベがツイマット製の最新MSを貰えちゃうのも割と説明できると思うんだけど。)
みたいなね。 どうすか。

・・・とか そんな考証をしつつ、いつものソ連軍仕様でデカール貼るね。

gouf7.jpg  gouf8.jpg

本日の作業 水色と白の彩度調整して・・・いつものデカール貼りました。
(色イメージは北海道の冬空と雲と地面に雪ですが・・これ迷彩と言っていいんじゃろか?)

やや、今 気がついたけど動力パイプに全然手をつけてないや・・・。

グフ(3)

グフの塗装工程2周目、彩度が落ちちゃったかも・・・。

ソ連の赤星が差し色になるのを計算しつつ
3周目はもっと鮮やかな水色のせてみよう。

gouf6.jpg

グフ(2)

グフ、ザックリ塗ったんだけど・・・こんなカラーリングで良いのか?
普段、迷彩なんてやらないから2色の配置がイマイチというかマジで思いつきません。

色の境目は縦横組み合わせない方が良いのかな・・・。
迷彩やろうとして迷走してますわ がっはっは。

gouf5.jpg

グフ(1)

gouf.jpg

グフ2.0組めたぞう。
すごくグフだ。いかにもグフってグフだ。

gouf2.jpg

モノアイ・スリットを狭くして・・顔をイモータン・ジョーっぽい悪顔に。
胸回りは胸装甲の角度をキツくして、3mm位下に。
後は・・・ジャンクパーツを貼ってデコレートして塗っちゃおう。