Minority Report

真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 飛ばない理由vol.3
CATEGORY ≫ 飛ばない理由vol.3
      

公開されました 飛ばない理由vol.3 (8)

いよいよ公開されました。
『飛ばない理由 vol.3 』

去年に続き今年も参加させていただきました。
JOSE26さんには感謝。感謝。感謝。感謝。感謝。感謝。感謝。

来年も開催されたらまた参加したいですね。
・・・しかし52人参加表明で、50人完走って結構すごいことだと思います。
運営管理のJOSE26さんにはもひとつ感謝!

hirakome6.jpg

----今回の反省----

去年に引き続きまたしても高速飛行形態への変形を断念。
腕をマスバランスにしたエイみたいな形になる予定だったんだけど、強度が不安で
空中静止の状態でエポパテで固定してしまいました。

あと、オマケにも投稿したかったけど間に合わなかったなぁ・・・。

スポンサーサイト

飛ばない理由vol.3(7)

via102.jpg

 ユゴス歴1592年、アッバ国サダート王が隣国ルーン王国侵攻に際し使役した蟲龍騎。
このタイプは『ビヤーキー』と呼ばれ、長大な尾部までを入れると約20m近くに達する。

この騎体はおもにその大きさ故、城塞攻略の任務に使われた。
 目標上の低空を超音速で飛翔、衝撃波で地上に破壊と混乱を与え、ついで地表近くまで降下
飛行時にはマスバランスとしても使われる重く強力な前肢で城塞を破壊 制圧する。
 また、頭部の器官からは強力な生体レーザーを発射、残存兵力を駆逐する

 この生体戦闘兵器「蟲龍騎」の歴史は古く、ユゴス歴600年代にはすでに文献に登場する。
空からの攻撃に特化したこの兵器体系は、はじめ騎士の駆逐、陣地の攻略に使われていたが 
後に蟲龍騎が普及してからは対、蟲龍騎の戦闘にも使われるようになっていった。

操作は胸郭部に搭乗し、そこにある神経叢に搭乗者(騎士)の意思を割り込ませる形で操縦するのだが、
初期のモデルは受信/制御器官とした人間を封印することで魔導師が直接使役したとされる。

 形状も古くは野生の蟲龍の神経への接続改造だけであったが、次第に本体形状への改造も行われるようになり、
1900年代の終盤には人型のタイプも現れている。

 この兵器体系の特徴でもある飛翔能力は、蟲龍の持つ「ヴーン」と呼ばれる
松毬状の重力制御器官によって為される。
結晶化前の液状のケイバーライト液をこの器官で循環させ 重力に指向性を与え揚力を得るのだ。
うろこ状の部品の開きの角度と2つの器官の、位置関係で重力を制御、飛行する。

・・・なんてね、文章途中まで。
晩酌しちゃったんでもう頭が働かないや・・・。

via101.jpg


飛ばない理由vol.3(6)

via10.jpg
だいぶん虫っぽく出来たかも。
どうじゃろか。

もう1パーツ付けるつもりだったんだけど・・・これで もういいような気もしてきました。

今回のやり残した宿題としては・・揚力発生器官・・松ぼっくりの部分に電飾を施して、
内側からLED青色で発光させたかったんですよね。
でも芯にピンバイス入れたら全部バランバランになるのな・・ビックリ。

松ぼっくりが芯を中心にうろこ状のものが螺旋で点付けされてる構造っぽいんで、
考えうる工作方法は、まず芯から瞬着をしみこませて固めてからモーターツールでLEDの収まる穴を開ける・・・
とかかなぁ・・・その場合、光はちゃんと回るんだろうか・・・?

同じコンセプトで、もっとこじんまりと1/12の甲虫型のフライング・バイクってのも良かったかもしれない・・
ってか作りたい、甲虫バイク。

飛ばない理由vol.3(5)

via6.jpg
ミヤマ・クワガタのアゴをミキシング カッコイイぞ!!!

via7.jpg

via8.jpg

そして全体を黒サフ&ガンプラ用ガンメタスプレーで1色目。
写真はモノクロだけどな・・・。

まだ何色にするか決めてないんだよね・・・ハデで変な色がいいなぁ・・・。

スプレー作業中、近所のおじいちゃんに遠巻きされたぞ!!
たしかに・・平米屋さんちの旦那さん・・・、若いのにどうしちゃったのかな?春が近いからかな?
って・・なる絵面ではありましたね。

飛ばない理由vol.3(4)

細部がまだだけど 取り敢えずの全体像・・・。

昆虫のドラゴンってのがコンセプト。
あと、非人型の竹谷さんオーラバトラーっぽいのもイメージです。
カラーリングをどうしようか悩み中ですね。

んんんんnーーーーーどうしよっかなぁーーーー。

biya.jpg

飛ばない理由vol.3(3)

土日が休みだったのでだいぶん形になりました、飛ばない理由vol.3

設定をどうしようか迷ってますが、名前は『ビヤーキー(Byakhee)』
一応、生き物ということにしよう。
今回も高速飛行形態への変形は断念の方向で・・・。

tobanai3.jpg

飛ばない理由vol.3(2)

家具の長谷川で作業机と椅子を購入。
これで作業ができるぞ!
手術後どういうわけか座卓がダメな体になってたんだよね・・。

今日は建国記念日で休みだったので頭の外形を決めました。
ヘラクレスオオカブトとミヤマクワガタを足した感じにしたいとおもいます。
造形的な事をするのは半年ぶり位なんで道具やら材料やらはどこに状態・・・。

tob3_1.jpg



今朝の平米屋花

おっ、起きたか!!
遊んでやらない事もないぞ?
どうだ??どうなんだ??(ソワソワ)

oki3.jpg

飛ばない理由vol.3(1)

今年も参加させてもらうことにしました。
JOSE26さん主催『飛ばない理由vol.3
今回は52名(?)の参加だそうで・・かなりの大規模コンペですよね。

3tobanai03_a.png
ロゴは今年も『おずねこ』さん。
手慣れた感じだけどデザイン関係の方なのかな、もしかして?


・・製作物のアイディア出し、備忘録的なのを。
参加作品はメカっぽいのが多そうなので、天邪鬼な平米はクリーチャーに逃げます。

飛ぶ➡昆虫➡カブト虫大好き➡超デカいカブト虫いいよね➡
ハイパーウエポンに出てきた飛行型クリーチャー➡発展させて➡
竜➡昆虫型の竜➡前回断念した飛行形態への変形➡
オーラバトラー的な➡・・・みたいな連想で纏めようと思います。

材料はプラ板とファンドとエポキシパテメインに諸々かな・・。

あと今回はおまけコーナーも出してみたいですね。
ちょっと笑える動物モノが好いみたいなので
揚力システムには『バター猫のパラドックス』を採用してみようかと思います。
原理的にはWikipedia参照。

・・・俺、コレ大好きさ・・何回観ても笑えるぜ。