Minority Report

真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ バッシュ・ザ・ブラックナイト (ボークス SVA)
CATEGORY ≫ バッシュ・ザ・ブラックナイト (ボークス SVA)

SVAバッシュ・ザ・ブラックナイト(5)

fssmono.jpg

SVAバッシュ・ザ・ブラックナイトのデカールを考えています。
本体が黒いので白色出力ですね。
アイテムはデザインズを見て、もう少し煮詰めよう・・。
キリル文字表記もいいなあー。

午後から病院ー。
げー。
4

スポンサーサイト

SVAバッシュ・ザ・ブラックナイト(4)

bbk9.jpg bbk10.jpg

bbk8.jpg

油彩アンバー系でフィルター1回目、影とオイル汚れを書き込んでいく感じで少しキツ目に。
アンティークな質感も狙いなのです。

・・・まだちょっと「影」が弱いな、ゴリッと漫画チックにしたいところです。
色遊び楽しいー。

SVAバッシュ・ザ・ブラックナイト(3)

bbk6.jpg bbk5.jpg

昨日塗った下色に銀と金でドライブラシ的な金属表現。
鉄っぽい光沢が見えるといいんだけど・・・。

bbk7.jpg

色が入りましたので、この後 楽しい油彩の作業。

最終的にマット目よりで、部位によって艶の有/無で情報量を増やし
汚れ、液漏れのボロボロ状態を目指して行こうと思います。

SVAバッシュ・ザ・ブラックナイト(2)

bbk2.jpg bbk3.jpg

下色塗りました。
ガイアのドゥンケルグラウ(ジャーマングレー) とガンダムカラーのファントムグレーを各1瓶
それにスカイブルーとマホガニーをドボドボと多めに適当混ぜ。

 ラッカーうすめ液で離型剤を洗うように一度足付け塗装し食器乾燥機で強制乾燥後、
筆でたたくように色付け、1/48位ならタミヤパテでザラつかせちゃうとこだけど
このサイズはデリケートですね。
(この表面のムラが重ね塗りや汚しのとっかかりになります。)

 元絵がかなり「アオリ」なのでこの角度なのでしょうが、全体でみるとちょっと変・・・なので
頭が少しうつむき気味になるよう、首を前に向かって1mmほど削りました。
そうすると、なぜか付随するモールドがピッタリ収まるので もともとこの角度だったのかも・・・。

blackknight4.jpg

 あと、楯・・・これも元絵では「剣に立てかけてる?」な置き方だと思っていたのですが、
楯に一本剣を固定した状態で、剣の方を押さえている状態だったのですね・・。
 マンガ本編の絵で初めて気が付いたしー!
 気づいちゃったしー!!
 キットままじゃ再現できないしー!!!
同社IMSかウエーブの新製品を参照に剣の固定具を作らなきゃダメかしらん。


SVAバッシュ・ザ・ブラックナイト(1)

ボークス製:SVAバッシュ・ザ・ブラックナイト
このSVA(ソリッド バージョン アート)
部品点数が少ないんで半日で立ち上がっちゃう。
根性のない人! オレにヨーシ! オマエにヨーシ!!

休載の直後に購入だと思うので、結構古いキットですよね。

bbk1.jpg

あと追加工作は極細パイピングを少し追加かな。
MHの表現で結構キモになると思うんだけど・・・
パイピング追加はあんまり見たことないよね。

んで、筆塗りで汚れた鉄色に塗って ザラついた感じにしようと思います。
油彩でダンパーゲルとかオイル漏れ汚しもキツメがイイな。

デカールワークでバッハトマ魔法帝国の☆マークとか。
うるさくならない程度に白文字でポイントが入っていてもいいかも。
毎度おなじみロシア機テイストですね。
Est/Eastはキリル文字でもいいなー、しかしキリル文字だとEct/Ecst
んん・・・判りづらい上に「スペル間違ってるヨー!!」とか言われても悲しいよな・・・。
もうちょっと考える。